SabooSabay’s diary

カンボジア、アンコールワットの街シェムリアップにあるお土産店。お土産のメインは自社ブランドSabooSabayのクメールハーブ石けんです。その他こだわりのカンボジア産商品をセレクトしています。このブログでは当店の商品説明〜シェムリアップの情報発信など様々な角度からUPしていきます☻

*ひとり言* 旅行を楽しくするために、チェックしてほしいこと*

 

f:id:saboosabay:20160902184250p:plain

初めての東南アジア、そしてツアーじゃない旅*


私が東南アジアのタイを一人旅したのは4年前。
カオサンロードをガラガラの大きい荷物を引っ張って目立ったことはいい思い出です。

さて、初めてツアーではなく自分で交渉することになった時に、困ったことがたくさんあったのでここでお伝えできればなと思います。

カンボジア・タイ・ベトナムと3カ国だけなので東南アジアとくくっていいかわかりませんが、個人的にはちゃんと調べていけばよかったなということなので書いていきます。

基本、交渉制。値段が決まっていると思うなっ*


一番辛かったのは、「全て交渉制」というスタイル。

空港から中心地(調べていなかったので、その時はカオサンロードを目指す)へいくのに乗ったタクシー。タクシーメーターを倒されたまま発進。高速道路でお金が発生するからと要求されて渡したら、抜け道?を使いお金など渡さず。目の前でそういうことが繰り広げられているのに一言も言えない。。。最終的には、今思えばの2倍の値段。

今なら、言い返すしお金も私が直接係員に渡すといってドライバーには渡しません・・・。


カンボジアに来てからは、TUK TUKや日常生活品など普通の買い物でも基本的には「交渉」スタイル。物の値段がわからない、カンボジア語がわからない間は倍の値段を取られていたことも。(といっても、0.5ドル▶︎1ドルとかだけど。)

こういうのの、対処法は2つ。

・事前に物価や、ある程度のお金の相場を調べておく。
特に交通費なんかは、ネットで調べられるので3つくらい調べて平均的な相場をちゃんと頭の中に把握しておく。(たまにすんごく値切ってて、それが普通みたいな書き方されている方もいますが。人件費とか利益のこと考えてないだろうなって値段の人もいるので、3つくらいを見るのがオススメ。)

・調べた上であまりにも違う金額を言われたら、言い返す、渡さない。
相場がわかないと、「あらそう?」と言って渡してしまいますがあまりにも違う値段を言われたと思ったら、後から腹が立ってきてしまうもの。
お金をちらつかせずに、ばっと相場の値段プラス自分の気持ち(チップ)を渡せたらGoodかなと思います。あ、でも、嫌なサービスの人にチップは必要ないかな。あくまで、楽しい・嬉しい気持ちにさせてくれた人へのお金です。

態度が悪い・・・・わたし何にもしてないのにっ*


基本的に、日本のサービス業が神がかっています。
なんであんなにスマイルなの。

東南アジアのサービス業、とくにローカルではキャラクターにより「スマイル0円」どころか「スマイル0」な場所もあります。
気分での商売なので、そういう気持ち的なものは働くことに入っていないのかもしれません。あなたのせいでは、まったくありません。サービス側のテンション次第なんです。なので、嫌な気持ちになりそうですが、「こういう人なのだ」と割り切った方が買い物するときもスムーズにいきます。気にすると思うけど、気にしないで!><

大きい金額はつかえません。ホテルや両替所で細かいお札に*

カンボジアに限ったことだと思いますが、100ドル札はあまり使えません。
お釣銭の用意が間に合っていないからなど理由は様々ですが、特にローカルでは中々使える場所がありません。

ホテル・両替所で1ドル〜10ドルとかなり細かいお札にしておいたほうが、お会計がスムーズです。チップとしても、使いやすいですしね☻

また、汚すぎる・破れているドルは使えません。正確に言うと、銀行で両替や新札に交換
しても手数料としてマイナスされてしまうため、損をするということで引き取ってもらえないんです。日本で両替するときはいいですが、カンボジアで両替をするときはちゃんとチェックしましょう。場所によっては、旧札は偽札と疑われ使えない場所もあるので注意!

最終は無の境地・・・何事も勉強*

旅中は色々とあると思います。特に違う文化圏の人との交流は良いことも悪いことも思い出として残ることと思います。
最後は、もう何事も勉強だと思って、ちょっとくらいのマイナス出費は受け止めてしまいましょう。気持ちの問題へと切り替えてしまうことが、一番気が楽でよいということが最終結論です。

例えば、マーケットなどのお土産やさんの売り子さんとの交渉。これも、お店によって値段が変わりますが、1ドル2ドルの値段の違いはお店の売り子さんのチップだと思ってください。日本のように人件費を計算されての固定値段とは違うので、そういうことも含まれていると思って、「騙された!」じゃなくて、「いいことをした!」っていう切り替えでいれば、旅行のどんなハプニングも楽しくなると思います☻

 

旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア (ここ以外のどこかへ)

旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア (ここ以外のどこかへ)

 

 




関連記事▼

 

saboosabay.hatenablog.com

saboosabay.hatenablog.com

saboosabay.hatenablog.com

 




夜はナイトマーケットでお買い物♡

Saboo Sabay [Angkor Night Market]

いかがでしたでしょうか?


information▼
営業時間*18:00~23:00
FB*https://www.facebook.com/saboosabay/

HP*http://saboosabay.wix.com/japanese

TEL*855(0)89-526-008 /855(0)885-036-819(JP)

Map*Angkor night market EntranceA

f:id:samathi:20150618125534p:plainf:id:samathi:20150618125539p:plain

*ぜひぜひお立ち寄りください♡

Saboo Sabay関連記事▼

 

saboosabay.hatenablog.com

saboosabay.hatenablog.com

 

 

saboosabay.hatenablog.com